育毛剤安くて効果のあるのはどれ?

ハゲ・薄毛・抜毛に悩んでいる人は共通して
「安くて効果がある育毛剤を選びたい」と思っているのではないでしょうか?

そんな方のために、当サイト「育毛剤安くて効果のあるのはどれ?」では
価格・成分・口コミなど総合的に評価してオススメの安くて効果がある育毛剤をご紹介、育毛剤の選び方を解説しております。

ブブカ
通常価格 16,200円(税込)
定期購入価格 11,664円(税込)
定期初回限定価格 5,980円(税込)
1日あたり 約338円(定期購入価格/30日)
返金保証期間 30日
業界初となる、ノンアルコール育毛剤として100万個突破した育毛剤がブブカです。ブブカの利点として、育毛剤だけではなく、サプリメントやドリンクも用意してくれている点。育毛には内面の改善もとても大切です。ブブカならお得なセットで購入できる定期コースが用意されています。


プランテル
通常価格 9,800円(税込)
定期購入価格 6,980円(税込)
3セット価格 7,450円(税込)【3本:22,350円】
1日あたり 約139円(定期購入価格/50日)
返金保証期間 30日
厚生労働省認可の効果!プランテルはM字ハゲのための育毛剤です。特にM字のハゲ・薄毛で悩んでいる方にオススメの育毛剤です。また1日あたりのコスト「約139円」とコストパフォーマンスも優れています。


チャップアップ
通常価格 14,800円(税込)
定期購入価格 7,400円(税込)
2本セット定期 6,000円(税込)【3本:12,000円】
1日あたり 約232円(定期購入価格/30日)
返金保証期間 30日
ミネラル豊富なミツイシコンブのエキスであるM-034が原料なので育毛促進、脱毛予防の効果があります。センブリエキスは毛根部の血流を促進し毛母細胞の働きを高め、脱毛症に80%の有効率があったとの学術報告があります。

M字ハゲの原因と対策

M字ハゲは正面から見てもバレる
被り物で簡単に隠せる頭頂部に対し、M字ハゲは正面から見ても何となくバレる厄介なもの。M字ハゲになる原因は基本的にAGAと考えて良いでしょう。男性型脱毛症と呼ばれているもので、体内の5αリダクターゼと呼ばれる酵素が活発に働き、テストステロンをジヒドロテストステロン「DHT」に変換させます。ジヒドロテストステロンが髪の毛を抜く「正体」です。

5αリダクターゼは女性ホルモンによって活動を抑制されているのですが、年齢と共に男性の体内の女性ホルモンが減少するにつれ、5αリダクターゼが活発に動くように、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変えていくようになります。男性ホルモンの一種と考えてよいのですが、分泌量には個人差がありますので、M字ハゲもかなりの急角度で後退している人もいれば、なんとなく「ちょっとM字っぽいかも」くらいにしか思われない人もいますが、男性有名人を見ても、おでこのラインが一直線の人もいれば、M字になりつつある人、どちらか一方だけ後退している人など様々な症状があります。

対策としては、AGA対策になるのですが、M字ハゲの対策はとても難しいです。頭頂部のハゲや後退減少の方が改善しやすいと言われている程。なぜM字ハゲの対策が難しいのかというと、M字の部分だけに直接アプローチするのが難しいからです。頭頂部や後退減少はいわゆる「広範囲」になりますので、プロペシアや育毛剤の効果も得やすいのです。毛細血管も頭頂部付近には多いので、血行促進等の効果も出やすいのです。一方、M字の部分は毛細血管が何重に張り巡らされている部分ではありません。そのため、血行促進や育毛剤などの効果が上手く浸透しないのです。

毛髪系クリニックでは、M字部分に直接栄養成分等を注射で注入する治療もありますが、このような治療であればダイレクトにM字部分に栄養を送り込めますので高い効果が見込めるものの、それなりの料金になります。プロペシアであれば一か月分でおよそ6,000円前後が相場となっていますが、直栄養を注入する治療は、一回の注入で100,000円前後と高額です。一般的なM字ハゲ対策としては、プロペシアを服用し、5αリダクターゼの活動を抑えつつ、育毛剤をM字部分に浸透させる。これを時間をかけてコツコツ行っていく事になりますが、M字ハゲ対策は効果が出るまで時間がかかりますので、なかなか効果を実感出来ない場合、直接栄養成分・育毛成分を注入するそちらの治療を頼るのも選択肢の一つです。

M字ハゲになってしまう理由とは?

育毛剤安くて効果のあるのはどれ?
M字ハゲはどの段階で気付くかによって、治療の成否が変わってきます。早い段階で気付けば気付くほど、治療のハードルは低くなります。M字ハゲの初期症状はやはり抜毛の増加です。起きた時に枕元を見て抜毛が多いと感じたり、洗髪後にタオルドライした際、タオルを見たら抜毛が多いような気がする。これはM字ハゲというよりもAGAの初期症状になります。

抜毛がどの部分からなのかを特定するのは、四六時中自分の頭皮と向き合っていなければならないので確認・断定が難しいのですが、M字ハゲの兆候を確認する方法があります。人それぞれスタイリングは様々かと思いますが、前髪を下ろしてみましょう。その際、M字部分に隙間が出来ている場合、M字ハゲの兆候が見られます。 M字ハゲとは無縁の人は、前髪を下ろしても肌は見えません。髪の毛ですべて埋まっているはずです。

一方、M字ハゲが始まりつつある人は、M字部分の毛が少なくなりつつあるのです。どうしてもM字の部分に「スカスカ感」を覚える事になるでしょう。侵攻具合によってスカスカ感にも差が生じますので、手軽に確認する事が出来ます。前髪を下ろさなくともスタイリングの際にこれまでと同じようにスタイリングしているつもりなのに、なかなか自分の中で決まらない。一度だけであれば寝ぐせやその日のコンディション、スタイリング方法など他の理由も考えられますが、頻繁に起きる場合、AGAが進行し、頭髪に影響を与えている可能性がとても高いです。

M字ハゲの場合、M字部分のスタイリングです。頭頂部分とサイド部分が上手くマッチせず、お互いが別々の髪の様に上手く混ざらないと感じる事が増えると、M字ハゲの兆候が見られます。髪が短い人の場合、髪が長い人と比べると気づきにくいのですが、M字部分の寝ぐせがいつもと違うと感じる事が増えてくるとM字ハゲの初期症状です。M字ハゲが始まると、M字部分の毛が抜けます。

質量が変わりますので、寝ぐせにも変化が見られるようになります。一度だけですと、「今日の寝ぐせはひどいな」程度にしか思わない事でしょう。ですが頻繁にそのような兆候が見られる場合、M字ハゲが始まっている可能性が高いです。いずれにせよ、M字ハゲの初期症状は自覚がとても難しいです。お風呂上りには必ず一度オールバックにしてみるなど、常日頃から自分の頭髪に注意しておくと良いでしょう。M字ハゲは早く気付いた方が改善が容易です。進行しきった後から改善しようと思っても難しいので、出来れば早く気づきたい所です。先述した初期症状に身に覚えがあるなら、早めに対策を取ると良いでしょう。

M字ハゲになってしまう理由とは?

育毛剤安くて効果のあるのはどれ?
M字ハゲと遺伝の関係はとても強いです。骨格を含め、顔の形やパーツの形状。身長、顔つき、髪の生え方。すべて遺伝子によるものです。親子、兄弟でそれらが似るのは同じ遺伝子だからです。「親戚にハゲがいるとハゲる」という都市伝説もありますが、強ち「そんな事はない」とは言い切れないのです。遺伝子は人間の「構成プログラム」と言っても良いでしょう。

つまり、ハゲている親族がいれば、自分にも「ハゲになるプログラムが組み込まれている」可能性があります。親戚にM字ハゲがいれば、その親戚には「M字ハゲの構成プログラムが組み込まれている」事になるのです。自分にも組み込まれている可能性が高いので、いずれM字ハゲになる可能性がとても高いです。もちろん「必ず」とは断言出来ません。まだまだ遺伝子に関してはすべて解明されていないほど。同じ兄弟ではあっても、あまり似ていないケースもありますので、親族にM字ハゲがいるからといって必ずM字ハゲになるとは断言出来ません。もしかしたら、M字ハゲの親戚は先天的なものではなく、後天的なものでM字ハゲになっている可能性もあるからです。

また、男性ホルモンの量も遺伝による部分がとても大きいです。男性ホルモンは後天的な面もあれば、先天的な面もありますので、親が毛深かったり、胸毛やヒゲが濃い場合には、男性ホルモンが強い可能性が高いので、AGA、ひいてはM字ハゲになる可能性が高まります。一方、遺伝ではあっても、原因がはっきりしている以上、治療も可能です。かつては「遺伝だから」と諦めるしかありませんでした。ですが、遺伝によって男性ホルモンが多く、テストステロンの影響が強くなるのだという事も分かっていますので、プロペシア等、男性ホルモンの力を抑えてくれるものでM字ハゲを防げます。

つまり、遺伝ではあっても、前向きな治療が可能になっていますので、諦める必要はありません。「遺伝だから」というのは、もはや言い訳にならりません。自分自身で積極的に治療と向き合えば、親戚の多くがハゲていても、自分だけはふさふさでいられます。「遺伝」という言葉から、どうしても「反抗出来ない」「治療出来ない」と連想する人が多いのですが、AGAに関してはメカニズムがある程度解明されています。正しい情報を得れば、M字ハゲとも向き合えるはずです。